今まで観た映画の感想をつらつらとかきます。(映画以外もたまに・・・。)

This Category : 歴史もの

スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三銃士

2011.11.03 *Thu
分類を歴史物にしたけどファンタジーに近いよ。

野乃はだいたいいつもアトスが好きなんですが、今回もやっぱりアトスがかっこよかったです。
アラミスもいい感じではあったんですが、やっぱり野乃はパワー系重視で2番目はポルトス。

話の展開はテンポよくて爽快です。
ミレディの笑い方とか豪快な感じでそれっぽかったし個々のキャラクター色も強くてかなり楽しめました。
バッキンガム役は、個人的に違う人の方がよかった気がするなぁ。
もうちょっと力強い感じの人の方がいい気がしました(オーランド・ブルームさん嫌いじゃないんだけどね。)。
これも何部作かになってるみたいで続く模様。
次回作の完成度が気になります。
スポンサーサイト
CATEGORY : 歴史もの

グラディエーター

2010.10.14 *Thu
英雄ってあんな感じですかね。
妻子を殺された恨みで生きていた感はありますが、最終的に心ゆがんだ皇帝から国を守った感じがありますね。
アクションは技術でなくパワー系です。
どこで何をしていても人をひきつける人って言うのはいるもんですね。民衆を味方に付けることの強さですよね。
どんなに権力を持っていて強い軍隊を操っていても最終的には多い方が勝つんですよね。
軍人より民衆の方が数は多いはずですし。
今、民衆は自由を与えられて命の危険すら感じずにいると、足下が崩れそうになっていることに気づかないんじゃないでしょうか。
CATEGORY : 歴史もの

イングロリアス・バスターズ

2009.12.05 *Sat
なんというか、まあ、タランティーノ監督作品ですから、それなりにグロさはあります。
しかしこれが本当の戦争のあり方なのかなぁと思うようなグロさです。
野乃は見れませんでしたが・・・。
スパイとか工作員とか色々くらいところもありますが、噴出し笑いできるところもあります。
日本人にはあんまりわからない発音の違いとか指で表す数字の形とか「へぇ」と思うところもありました。
インパクトでいうと「キル・ビル」のほうが強いですが、ある種のブラックコメディーと思ってもいいのかもしれません。

この映画見た後テレビでソフトバンクのシーエムが目に入ったのですが、「タラちゃん」出てましたねぇ。
びっくりしました。
日本(アニメ)好きが功を奏したといっていいのでしょうか?これからも日本でのお仕事増えそうですね。
CATEGORY : 歴史もの

風とともに去りぬ

2008.10.11 *Sat
学生時代に服装史の授業で女性の服装の資料として最初のほうだけ見たのがずっと気になっていたところ最近テレビを買い換えた際にDVDボックスがおまけについてきた中に入っていたので、観てみた。
クラーク・ゲーブルがものすごくかっこよくて、しかもレッド・バトラーって名前がまたよく似合ってて、野乃好みでした。
「君は同じ事を繰り返すだろう。」
って映画の中で台詞がありましたが、きっと女って者はそういう類の生き物なんだろうなって思った。
きっと自分の中のリズムというかコンパスというかが一周して戻ってきちゃうんだろうなぁ。
その円が大きければ大きいほど被害は拡大していったり、周りの人まで巻き込んじゃうんだろう。
何とかハッピーエンドに持っていくのかなって思ってたら、ぜんぜんハッピーじゃなくてびっくりした。
なんとなくスカーレットは幸せになってほしい気がしたのに・・・。
野乃がスカーレットタイプなんだろうか・・・。だったらものすごくいやだ。
CATEGORY : 歴史もの

さくらん

2008.09.05 *Fri
歴史ものとかに分類しちゃった。
本当は官能的なんだけど。でもやっぱり日本の歴史だから「歴史もの」だよね。

女優さんて大変。あれもお仕事なら仕方ないのかなぁ。
想像的にはもっと悲惨なとこも出てくるのかと思っていましたが、そうでもなかったです。
わりときれいにかかれてました。
これも漫画が原作だそうですが、漫画ではどんな感じなんだろう・・・。
花魁の髪型とか着物とかどこまで忠実なんだろうなぁ。
でも着物は襦袢とか特にサテンぽかったなぁ。もうちょっと細かいところまでお金かけてくれたらよかったのに。
かむろの着物の柄とかは大正・昭和くらいな感じだろうか・・・。
結構古着屋さんでも見れる感じだった気がする。かむろの髪型はかむろ髪のはずなのに結ってたのは現代流?
野乃の知識が古いだけだろうか。
でも廓の世界はやっぱり赤がきれいでないと。金魚とか布団とか調度品なんかにもところどころ赤が使われてて目には優しくないけど、その筋の世界観が出てたきがします。
CATEGORY : 歴史もの

プロフィール

野乃狐晴

Author:野乃狐晴
・関西に生息。
・26歳になっちゃいました。
・これでも社会人3年目。
・仕事はショップ店員。・グチ多し。
・最近ナチュラル系の小物づくりに夢中。
・秋頃ネットショッブオープン予定。

つれづれと今までに観た映画の感想かいてます。
アクション映画ばっかり観てます。
映画館で観るならやっぱりアクションでしょ!!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カテゴリー



月別アーカイブ



ブログ内検索



RSSフィード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



リンク

このブログをリンクに追加する



06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
Copyright © 狐晴シネマ All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: ふわふわ。り  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。